圏央所沢病院脳卒中センターについて

 当センターは脳卒中専門病棟(Stroke Care Unit:SCU)を中心として、救急外来、手術室、放射線科、検査科、薬剤科、栄養科、リハビリテーション部等が連携して、脳卒中の総合的一体的な治療を行う施設です。
  1. 当センターにおける救急体制

    1. 急性期脳梗塞に対する救急体制
      • 当センターは「埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワーク:SSN」の基幹病院として、脳梗塞急性期の患者様に対する「TPA血栓溶解療法」ならびにカテーテルによる「血栓回収療法」を実施しています。
      • 脳梗塞が疑われる患者様が救急隊から通報された場合には、ただちに院内情報共有ソフト「ERNetwork」を通じて、医師、看護師、放射線技師、薬剤師、臨床検査技師に自動的に準備指示メールが発信されますので、患者様が到着された時点ではすでに万全の受け入れ体制が整っています。
      • 患者様の到着と同時に院内連携ソフト「SSNManegaer」を起動し、タイムスケジュールに従い遅滞なく画像検査、血液生化学検査等を実施し、専門の医師が、訓練されたスタッフとともに治療を実施します。
      • TPA血栓溶解療法や血栓回収療法の適応がない患者様につきましては、脳卒中治療ガイドラインに準じた最適の投薬やリハビリテーションにより機能回復を図ります。
      • 通常の治療に加えて、適応を厳密に検討して、急性期または慢性期に頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)、頸動脈ステント拡張術(CAS)、脳血管吻合術などの外科的治療も併せて実施しております。
    2. 脳出血に対する救急体制
    1. くも膜下出血に対する救急体制

       

  2. 当センターにおける検査等の体制

    1. 画像装置:放射線技師が24時間常駐し、必要な検査を速やかに実施します。
      • CT:24時間常時稼働しています。患者様到着と同時に実施できます。
      • MRI: 3.0T MRIと1.5T MRIの2台が常時稼働しています。患者様の到着後直ちに検査が実施できます。
      • DSA(脳血管撮影):必要時に直ちに使用できる体制です。
    2. 血液検査・生理検査:臨床検査技師が24時間常駐し、緊急治療に必要な血液検査や心電図・超音波検査などの生理検査を直ちに実施します。
    3. 薬剤管理:薬剤師が24時間常駐し、患者様の状況に最適な投薬を行います。また副作用の発生等について専門的な情報に基づいて経過観察を行います。

     

  3. 当センターにおけるリハビリテーションの体制

    1. 急性期リハビリテーション:脳卒中治療ガイドラインに基づき、発症早期からリハビリテーションを開始し、患者様の機能の維持、回復に努めます。
    2. 回復期リハビリテーション:急性期を脱した患者様については、回復期リハビリテーション病棟で理学療法士・作業療法士・言語療法士の総合チームで機能回復を図ります。 歩行支援ロボットや免荷式歩行リハビリ装置などの新たなリハビリ法を積極的に取り入れています。
  4.  

  5. 当センターにおける栄養管理体制