脳動脈瘤の発生因子について

脳動脈瘤は、脳主幹動脈の分岐部に血流による強い力が加わり、徐々に拡大していくと考えられています。脳動脈の壁の特に脆弱な部分はさらに薄く突出して「ブレブ」を形成します。動脈瘤の多くは、この「ブレブ」が破裂することでくも膜下出血を生じます。
脳動脈瘤が発生する原因としては、血管分岐部の血管壁の構造(結合組織)が遺伝的に弱かったり、動脈硬化症などの後天的な因子で血管壁が脆弱になったり、また高血圧で動脈分岐部にかかる力が強い場合に生じると考えられています。

くも膜下出血(脳動脈瘤破裂)に対する脳動脈瘤頚部クリッピング術の例

くも膜下出血は、クリッピング術後においても、「脳血管れん縮」による脳虚血や水頭症などの続発症に対する厳密な治療が必要です。
脳動脈瘤の破裂を予防する方法は、脳動脈瘤頚部クリッピング術のほかに「脳動脈瘤コイル塞栓術」があります。別項をご参照ください。