SCUについて

SCU(Stroke Care Unit)は、脳卒中の急性期治療を目的とした専門の病棟です。

当院では、厚生労働大臣が定める施設基準(*1)に準拠したSCU9床を運用しています。これは埼玉県内で最大規模ですが、さらに2018年8月には12床に増床する予定となっております。

脳卒中は、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の三つのタイプからなり、いずれも致死的な経過をたどったり、あるいは重篤な後遺症で病後の生活に支障を来す可能性が非常に高い疾患です。

SCUは、脳卒中の予後を改善する目的で、脳卒中専門医、院内教育(*2)を受けた看護師・リハビリテーションスタッフ(理学療法士、作業療法士、言語療法士)・薬剤師・検査技師・管理栄養士などの多職種からなる専門チームで治療に当たります。

SCUでの治療では、死亡率および再発率の減少、在院期間の短縮、自宅退院率の増加、長期的な日常生活動作(ADL)と質(QOL:Quality of life)の改善がはかれるとされています。

当センターでは、SCU(2階)→急性期病棟(4階)→回復期リハビリテーション病棟(3階)の流れで、院内で完結的に超急性期から回復期までの治療とリハビリテーションを行い、退院後は同じ社会医療法人内のクリニック・訪問看護ステーション・通所および訪問リハビリテーション施設等と連携して、長期的に患者様の生活機能維持に努めております。

 

(*1)脳卒中ケアユニット入院管理料の施設基準

  1. 病院の一般病棟の治療室を単位として行うものであること。
  2. 当該治療室の病床数は、三十床以下であること。
  3. 脳卒中ケアユニット入院医療管理を行うにつき必要な医師が常時配置されていること。
  4. 当該治療室における看護師の数は、常時、当該治療室の入院患者の数が三又はその端数を増すごとに一以上であること。
  5. 当該治療室において、常勤の理学療法士又は作業療法士が一名以上配置されていること。
  6. 脳梗塞、脳出血及びくも膜下出血の患者をおおむね八割以上入院させる治療室であること。
  7. 脳卒中ケアユニット入院医療管理を行うにつき十分な専用施設を有していること。
  8. 脳卒中ケアユニット入院医療管理を行うにつき必要な器械・ 器具を有していること。
  9. 当該治療室に入院している患者の一般病棟用の重症度、医療・ 看護必要度Ⅰについて継続的に測定を行い、その結果に基づき評価を行っていること。

 

(*2)当院での脳卒中専門教育

当院では、病院職員に対して職種を問わず「脳卒中治療ガイドライン」に関する講習会への参加を推奨し、受講後適正なレベルに達したスタッフのみに対して「Stroke Guideline Master」の記章をつけることを許可しています(院内のみの資格です)。

Guideline master 2015